ニキビ跡赤みはどうして出来る?

ニキビ跡には

赤みのある跡

 

色素沈着のある跡

 

があります。

 

赤みのあるニキビ跡

 

ニキビの炎症による皮膚のダメージを修復しようと集結した毛細血管の働きで、ニキビの箇所がうっ血したものです。本当ならニキビとともにうっ血した時の赤みも改善していきます。所が肌の状態によっては皮膚が上手く修復できずに赤みのあるニキビ跡として残ってしまうこともあるのです。

 

色素沈着のあるニキビ跡

 

茶色いシミのようなものと紫色のものがあります。

 

茶色いシミのようなニキビ跡

シミと同じように肌を外的刺激から守るために生成されるメラニン色素が関係しています。ニキビの炎症や化膿によるダメージで体内には活性酸素が発生しやすくなり、活性酸素によるダメージから肌を守るためにメラニン色素が大量に分泌されます。

 

メラニン色素は本来ターンオーバーの機能によって体外に排出されるものなのですが、排出しきれずに体内に残ったものが徐々に肌表面に浮かび上がってくるのです。

 

ニキビやニキビ跡のようなダメージ肌に紫外線のダメージを受けることは、メラニン色素を余計に肌表面に現れやすくしてしまいます。赤みのあるニキビ跡でも、紫外線のダメージによって色素沈着のあるニキビ跡に変化してしまうこともあります。

 

紫色のニキビ跡

 

赤みのあるニキビ跡を関係があり、内出血の紫色です。ヘモグロビンには酸素を失うと赤黒(紫)になる性質があります。

 

ニキビと紫外線の関係

無関係のように思っている方は多いでしょう。でも実際には色素沈着のあるニキビ跡を作ってしまうほど関係のあるものなのです。

 

紫外線対策はニキビやニキビ跡の対策としてだけではなく、他の肌トラブルを防ぐためにも重要ですね。春や夏だけではなく年中通して紫外線対策は念入りに行っておきましょう。このように赤みのあるニキビ跡と色素沈着のあるニキビ跡が出来る過程を見てみると、ニキビがいかに大きなダメージを受けているかが分かりますね…

 

赤みのあるニキビ跡も色素沈着のあるニキビ跡も、肌のターンオーバーさえ正常に機能していれば時間とともに消えていきます。逆にニキビのダメージで細胞の機能が破壊されてターンオーバーの機能が低下してしまうと、ニキビ跡の完治が長引くどころか跡が消えなくなってしまう場合があります。

 

ニキビに気付いたら早めに適切なケアを行ってダメージを最小限に抑えましょう。毎日の保湿ケアと紫外線対策は必須です。

 

 

>>リプロスキン 市販の店舗販売はあるの? TOP